オブジェクトVR 阿修羅像フィギュア

画像内で左右にドラッグしてみたり、マウスのスクロールホイールでズーム操作ができます。
スマートフォンは横位置で見て頂く方が良さそうです。

360°パノラマに類する技術として、被写体を回転させて撮影するオブジェクトVRがあります。360°パノラマとはまた違った意味で、撮影とポストプロダクションにとても手間の掛かる代物で、それ故にあまり普及していませんが、文化財の記録やEC通販の商品写真などではたまに見かけます。

このオブジェクトVRの被写体は、2009年に東京国立博物館で開催された「興福寺創建1300年記念 国宝阿修羅展」のお土産グッズとして販売された、海洋堂製の阿修羅像フィギュアです。10年前に撮影しました。合計32枚の写真で構成しています。

実写のオブジェクトVRの仕組みは昔の「パラパラ漫画」と同じです。現在では3D CGによるインタラクティブなコンテンツ開発が盛んですが、撮影を伴う実写データのオブジェクトVRは、すでに”枯れた技術”の域にあり、緻密な描写力と安定感に優れています。製品開発の段階で生成された3Dデータが利用出来る場合は3Dモデリングによる表現の方が相応しく思えますが、文化財やハンドメイドで作られたもの、あるいは質感表現をできるだけ丁寧に行いたい場合は、まだ写真撮影によるオブジェクトVRにアドバンテージがある様に思います。

オブジェクトVRの撮影は、実際、通常の物撮りよりも面倒な作業が多く手間が掛かりますし、アタマも使います。ライティング(照明)はいつもホントに悩ましい。でも、やってみるとこれが結構楽しいのです(笑)。ただ被写体がレンズ前で回るだけのことなんですけど、なぜか楽しいのです。

オブジェクトVRの撮影の詳細に付きましては、お気軽にお問い合わせください。

お読みくださってありがとうございました。