当事務所が所有するパノラマ撮影機材のシルエット。全て異なるパノヘッドです。

最高画質のパノラマイメージを制作する

このレクチャーでは高解像度360°パノラマ制作の標準的な撮影手法である対角魚眼レンズを使った全球包括撮影の方法からPTGui Proで繋ぎ合わせEquirectangular(正距円筒図法)イメージを生成するまでの制作行程を、実際にハンズオンで作業を行なっていただきながら丁寧に説明していきます。

インターネット上に散見される浅い知見のハウツーとは明確に異なる、長年に渡りパノラマと企業の広告案件を手がけてきた当事務所だからこそお伝えできる確実なメソッドとノウハウを論理的に分かりやすく解説します。

さて、いったいこのレクチャーを受けることでどの程度のスキルアップが図れるのか?はたして料金に見合う内容を教えてもらえるのか?という疑問も浮ぶかと思いますので、御理解を得やすいように分かりやすいスクリーンショットを下に提示します。PTGui Proの操作ではControl Pointの配置精度が最重要な要素となりますが、下図のスクリーンショットで示している程度のCP配置精度は、当レクチャーを受けた方ならどなたでも得られるようになります。正しい撮影と適切なポストプロダクション、そして合理的なPTGui Proの操作によってこの精度は達成されます。そしてこのスティッチ精度を標準的なレベルとして、レクチャーしています。この精度で繋ぎ合わされた出力画像にスティッチエラーは発生しません。

PTGui Pro 最適化計算結果ウィンドウ

Googleストリートビュー制作で主流となっている「円周魚眼レンズを使った水平4分割撮影」に対して、対角魚眼レンズを使った全球包括撮影では、水平6分割撮影、天頂(Zenith=真上)1枚、天底(Nadir=真下)2枚、合計9枚の撮影が基本となります(三脚を消す場合はこの他に三脚が設置された地面の素材撮影も必要です)。

「円周魚眼レンズを使った水平4分割撮影」は、撮影や後処理の手間が少ないことが利点ですが、反面、天頂と天底(天井部と床部)の描写が著しく劣化します。これは、天頂と天底の部分がレンズのイメージサークル周辺部の画像で構成されるために起こる必然的な現象です(注:イメージサークルとはレンズの写像投影範囲のこと。投影円の中心付近の画質が最も良く、周辺部に近づくに連れて画質は劣化する)。また、一般的には室内の天井と床面には特徴的な意匠が少ないのでPTGui ProはControl Pointを生成するためのきっかけを掴みづらく、それゆえスティッチに特有の難しさが生じることがあります。

対して、マルチROW式のパノラマ雲台を使って6+Z+N手法で撮影する場合では、天井部と床面に正対した明瞭度の高い元画像データが得られるので、全球の全方位で高精細なパノラマ画像を構成することができます。

6+Z+N手法はちょっと面倒な撮影方法ですが、これが世界中のプロのパノラマクリエイター達の標準的な撮影スタイルです。撮影の手数に対して得られる画像解像度と画質のバランスが良いことから、この6+Z+N手法がスタンダードとして定着しました。

この6+Z+N撮影方法と適切なポストプロダクション(撮影データの後処理)、そしてPTGui Proの確実な操作をマスターすれば、その応用で今度は一般的なレクチリニアレンズを使った、より解像度の高いイメージやギガピクセルパノラマも制作できるようになります。

Googleストリートビューに掲載されるEquirectangular画像のサイズは12000 × 6000ピクセル程度が主流ですが、これはRICOH THETA Xで得られる画像サイズとほぼ同じ大きさです。一方、約4000万画素クラスのデジタルカメラと対角魚眼レンズを使って 6+Z+Nで撮影した場合には、生成されるEquirectangular画像は約20000 × 10000ピクセルとなり、面積比で4倍近い解像度の画像が得られます。この大きさの解像度があれば、インタラクティブパノラマ(Panorama VR)でズームアップした時でもディティールをハッキリと見ていただくことができます。

EquirectangularイメージはあらゆるパノラマVRコンテンツの元素材となり、このイメージを使ってkrpanoPano2VR3DVISTAなどでバーチャルツアーを制作したり、あるいはGoogleストリートビューやFacebookに360°パノラマを投稿するなど幅広い用途に利用されています。

※このレクチャーは、プロとして写真撮影制作業務に携わっている方々、一眼レフやミラーレスデジタルカメラでの撮影経験が豊富な(どのような撮影条件下であったとしてもRAW現像がスムーズに行える)方々を対象とさせていただきます。


レクチャーの内容

  • 360°パノラマ撮影機材と撮影方法の解説
  • 複数の撮影画像による全球包括とオーバーラップ(重なりしろ)について
  • なぜスティッチエラーは起きるのか?
  • マルチROW式パノラマ雲台のキャリブレーション方法
  • パノラマ撮影に於ける注意点
  • スティッチ素材となる元画像を高品質に作成する方法
  • 作業データの管理方法
  • PTGui Proの基本的な使い方
  • Nadirの処理(床面の三脚を消す方法)
  • Equirectangularイメージの生成
  • Photoshopを使ったEquirectangulerイメージの最終的な画質調整

    ※このレクチャーは秘密保持契約を交わしていただきます。

受講にご用意いただく物

  • デジタルカメラと対角魚眼レンズ(単焦点レンズを推奨)
  • 脚部の剛性が高い三脚(カーボンファイバー製を推奨)
  • マルチROW式のパノラマ雲台(例:Nodal Ninja 3 MkⅢ + Nadir Adapter + ローテーター。あるいはNodal Ninja 6など。 )
  • ワイヤレスレリーズユニット(使用カメラに適合するもの)
  • 搭載メモリ最低16GB以上で、dGPU搭載の高性能なデスクトップPC(同条件のラップトップでも可)。Windows、Macどちらでも構いませんが、パノラマオーサリングではWindowsに若干の優位性があります。
  • RAW現像ソフトウェア(Adobe Lightroom Classic または CaptureOne Pro)
  • バッチ処理のできるHDRソフトウェア(Photomatix Pro 推奨)
  • Adobe Bridge, Adobe Photoshop CC, PTGui Pro

レクチャーの所要時間

2日間(5時間 ×2日、おおよそ10時間ぐらい)

※このプログラムはプロのフォトグラファーとしての実績がある方々を対象としています。それ以外の方々には必要なことをお伝えするのに2日間では時間が足りませんので、3日間のレクチャーとして、別途ご相談を承りますのでお気軽にお問い合わせください。

受講料金

受講人数:料金(税込)
1名¥99,000-
2名¥176,000-
(2023/06 改訂)

※ハンズオンで説明する都合上、受講者は最大2名さままでとさせていただきます。

出張費:@ / day 【1日あたりの料金(税込)、交通費別途実費】

東京都区内無料
東京都区外, 埼玉県, 神奈川県¥5,500-
その他の地域(関東圏内)¥11,000-
その他の地域(関東圏外)¥16,500-
(2024/02 改訂)
  • レクチャー実施が決まりましたら、お見積の御承認後に御請求書をお送りしますので、全額をお振り込み下さい。お支払いをもって正式なお申し込みとさせて頂きます。(キャンセル発生の場合は速やかに返金いたします)
  • レクチャー受講前に機材購入のアドバイスや御相談がある場合は、お支払い後にお受けいたします。
  • レクチャーを行なう場所は御用意ください。

お申し込みのキャンセルについて

レクチャー実施確定後のキャンセルにつきましては、下記の通りキャンセル料を申し受けます。

  • レクチャー実施日から起算して8日以上前のキャンセル 無料
  • 同7日前から3日前のキャンセル 御見積金額の30パーセント
  • 同2日前から前日までのキャンセル 御見積金額の50パーセント
  • 実地日当日のキャンセル 御見積金額の100パーセント

お問い合わせ・お申し込みについて

お問い合わせ、お申し込みについてはお問い合わせフォームからお願いいたします。