Googleストリートビュー制作コンサルティングページを追加しました

Googleストリートビューの会社を対象にしたコンサルティングプログラムをご案内するページを作りました。Googleはストリートビューのルールや仕様を大幅に変更しており、今まで認定代理店からポストプロファクションの問題で縛りを受けていた制作会社にとっては、これは大きなチャンスです。ぜひご検討ください。Googleストリートビュー制作コンサルティング

PanoMoments はじめました

静止画と動画の間に位置する360°パノラマ表現の新しい手法、PanoMoments はじめました。
-PanoMoments Website-
https://www.panomoments.com

まだ生まれてまもない技術で至らない部分もありますが、高精細のパノラマに時間軸を取り入れた表現はとても面白いと感じています。今はまだホスティングサーバーの関係でデータのロードに少し時間が掛かります。PC / MacのブラウザーはChrome推奨。スマホはandroid推奨。もちろん他の環境(iOS等)でも問題はありません!ブラウジングの環境は、現在UNITYで最新版を開発中で、まもなく公開される予定です。

パソコンでご覧になる場合は画面右上の文字クリックして「UHD」にしてぜひ高画質版でお楽しみください。

また、PanoMomentsは静止画パノラマ撮影ではご法度である「視差」を敢えて利用しているので、HMD(ヘッドマウントディスプレイ)やカードボードスコープで観ると、疑似的なステレオ効果が得られます。視差があることで、よりリアルなパースペクティブを体感できます。ぜひお試しください。

制作のご相談承ります。お問い合わせはお気軽にどうぞ!

Bushman PanoramicのGerald Blondy氏とのミーティング開催

チェコのパノラマ機材メーカー、Bushman PanoramicCEOであるGerald Blondy氏が219日〜31日の期間、東京に滞在します。氏はBushman Panoramicの開発・プロデュースの仕事をしつつ、パノラマ制作活動も平行して行なっています。とても気さくでフレンドリーな性格、そして真面目な人物です。

-Bushman Panoramic Website-
http://bushman-panoramic.com

Gerald氏から、この機会に日本のパノラマ関係者と会う場を設けて欲しいとリクエストがあり、2月21日(火曜日)に東京都内でミーティングを開催することにしました。
まだ開催場所と時間は未定ですが、ご参加いただける方はcontactのフォームからお知らせください。宜しくお願いいたします。

サイトを少しですが更新しました。

相変わらず放置状態の当サイトですが、暫くぶりに更新しました。クルマのインテリアパノラマのクオリティを観て頂きたいので分かりやすいものを2点、他に人物とその場が見事にマッチしているパノラマを3点ほどトップページに掲載しました。いずれもこの1年以内に撮影したものです。パノラマの技術は機材、ソフトウェアは日々進歩していますが、できるだけその最先端を取り入れて仕事に活かしたいと考えています。