Googleストリートビュー・制作コンサルティング

Googleストリートビューのルールが2017年4月に大幅改定され、それと同時にGoogle Street View Editorの運用が停止されました。それまで「認定代理店」に頼っていたGSVフォトグラファーの方々は、今は自由に仕事ができるのです。GoogleストリートビューのAPIは一般に開放され、現在では多くの方法でストリートビューにパノラマ画像を掲載する方法があります。もう「Googleストリートビュー認定代理店」と称する企業と高額な契約を結ぶメリットは全くありません。

これまで「認定代理店」に撮影後の後処理を依託してその都度マージンを支払ってきたフォトグラファーや制作会社の方々は、現在では撮影から編集、データアップロード、そしてクライアントのGoogleマイビジネスページへのリスティングを含めた全てのワークフローをご自身の手で行うことができます。

VR factoryのGoogleストリートビュー制作コンサルティングは「認定代理店」に囲い込まれている全ての方々の自立を強力にサポートします。そして、「認定代理店と契約をしてみたけれど、技術的なことをしっかり教えてくれないので困っている。」「撮影後の後処理について何も教えてくれないので困っている。」という方々のご期待にも必ず応えます。(実際、このコンサルティングプログラムはそのような方々からのご要望で生まれました。)

もちろん、これからストリートビューをビジネスとして始めてみようとお考えの方々にとっても最適なコンサルティングプログラムです。「認定代理店」に支払う半分以下のコストで新規事業をスタートできます。

VR factory / 岡田写真事務所は20年以上に渡るパノラマの豊富な経験と知見を基にして、ストリートビュー制作のコンサルティングを実施しています。3つのプログラムをご用意していますが、A(撮影パート)とB(PTGui Proパート)の両方のレクチャーを受けていただくことによって、たとえ数百点(Node)のパノラマであっても、短時間にスティッチエラーが発生しないワークフローで大量一括処理が可能になります。

A)撮影機材と撮影方法、後処理に関するレクチャー(所要時間 : 約7時間, 料金 : 12万円)

「GSV認定代理店」からストリートビューの撮影方法をレクチャーされた方々は、同じ様な撮影機材を使って同じ方法で撮影を行なっていますが、それらはプロのフォトグラファーから見ればアマチュアレベルのものでしかありません。撮影の安定性と信頼性に欠け、得られる画像データのクオリティは低いものです。

撮影を伴うコンテンツ制作では、一次入力である撮影が最も重要な制作パートになります。撮影機材とその適切な使い方、撮影方法、技術について合理的かつ実践的にレクチャーします。

また、RAWデータの現像方法についての解説も行います。

写真撮影に関する基礎、写真光学概論(とても初歩的なレベルですが)や、デジタル画像の基礎、RAWデータとは何か?露出の計り方、などについてもお話をさせていただきます。写真の基礎概論を理解することで、撮影時の不安を解消することができます。
・使用されている撮影機材を最大限に有効活用できる撮影方法の提示と解説
 (GSV認定代理店の撮影マニュアルでは不可能な高画質。)

・ストリートビュー撮影に適した撮影機材、必要な機材の紹介と解説

・パノヘッド(パノラマ雲台)のキャリブレーションと撮影方法の解説

・撮影したデータをパノラマの元画像にするためのポストプロセッシング(RAW現像)に関する解説

このレクチャーには、実際にお使いになっている撮影機材をご用意ください。
機材の購入を勧めることは一切ありません。(GSV撮影に必要な機材の紹介はあります。)
※撮影機材買い替え、新規購入のご相談もお受けします。

B)撮影後のワークフロー(スティッチング等)のレクチャー(所要時間 : 約8時間, 料金 : 23万円)

上記Aのレクチャーのワークフローに則って用意された画像データを使って、効率的かつ確実に(スティッチエラーの無い)Equirectangularイメージを作る方法をレクチャー。(※Nadirの三脚を消すパートは含まれません。GSVでは三脚部分はぼかすことが基本となっているため。)
・段階露光撮影した撮影データ(RAW現像済みTIFF)をHDR化してパノラマの元画像を作成する方法の解説
  HDR化ソフトウェアの選択とその基本的な使い方

・スティッチングソフトウェア PTGui Pro 11を使ったGSV用パノラマ画像作成方法の解説
  PTGui Pro 11の基本的な使い方とその解説
  効率的かつ確実なスティッチのワークフローを提示

PTGui Pro 11を使ったバッチ(一括)処理方法の解説
  Googleストリートビュー制作に特化したバッチプロセスの提供と説明
  数百Nodeのパノラマを短時間でスティッチ可能

Photoshopを使ったパノラマ画像の編集方法についての解説
  最終的な画質調整の方法など
 
Googleストリートビューにアップロードする方法の説明
  もっとも簡単で確実な方法の解説。顧客別にパノラマ画像を管理する方法


ご注意
上記には、スティッチングソフトウェアの他に、いくつか有料の(決して高額ではない)ソフトウェアを使うパートが含まれます。
PTGui ProPhotoshopがあれば、GSVにアップロードするパノラマ(Equirectangular)画像が製作できます。GoThruあるいはPanoskin, WalkintoなどのGSV支援サービスを利用する場合は、上記 AとB 2つのレクチャーで必要なスキルが身に付きます。しかし、年間契約が必要なサードパーティー・サービスに頼らずに、すべてをご自身でコントロールしたいという方々のために、以下のCプランをご用意しています。

C)Pano2VR Proに関するレクチャー(所要時間 : 約5時間, 料金 : 8万円)

パノラマ画像編集ソフトウェア、Pano2VR ProにGoogleストリートビューをサポートする機能が実装されたことを受け、その実践的な解説を行ないます。このPano2VR Proでは三脚のぼかし処理などが行えるほか、作成した複数のパノラマのリンク(各ノード間の接続)処理が可能で、しかもソフトウェア上から直接Googleストリートビューサーバーにデータをアップロード、管理、公開ができます。

このレクチャーには、Multi-Level Panorama(マルチフロアパノラマ), Elevator widget(エレベーター・ウィジェット)に関する内容も含まれます。


ただし、現時点ではGoogleストリートビューのAPIが不安定で問題点があることをご承知置きください。(Google側に原因が存在します)

※GSV APIの動作が不安定な場合の対処法についてもご説明いたします。

全てのレクチャーは、秘密保持義務契約を交わすことを必要としますのでご了承下さい。


コンサルティング料金(1社、対象者2名迄):
A)
12万円,  B)23万円,  C)8万円


出張費: @ / day(1日あたりの料金)
東京都区内:無料
東京都区外, 埼玉県, 神奈川県 ¥5,000-
※別途交通費実費を頂戴いたします。
その他地域(関東圏内)¥10,000- + 交通費実費
その他地域(関東圏外)¥15,000- + 交通費実費
宿泊が発生する場合は別途宿泊費を頂戴します。
料金は全て消費税別とさせていただいております。